性格の演出はその人の能力

女性には表と裏の性格を使い分けることができる器用な人がいます。プライベートでも男性受けのよいスタイル、ファッションをし、言葉遣いからしぐさまで完璧に演技できる人もいます。かわいこぶりは女性たちからの嫉妬や嫌味として使われる言葉ですが、実際にその人が成功しているからこそ陰口をたたかれることになるのです。プライベートはともかく、仕事上では仕事ができない性格の良い人よりも、仕事がバリバリ有能で、嫌味のひとつでもいう人のほうがリーダーとして最適であることは言うまでもありません。厳しい社会で生き抜いていくために、多少の自作自演も辞さず、実力をいかんなく発揮できるチャンスをものにするのであれば、その人の実力といえますし、文句を言われる筋合いはないのです。女性らしさを利用して契約を取ったり、交渉のチャンスをものにしたりしたときには男性からのやっかみも受けることになります。ビジネスにおいては結果がすべてであるという冷静な分析力があるからこそ、自分に使える能力があるのならフル活用しているのですし、実際に成功を収めるまでは気を許したりすることもありません。その演技力は表面だけのものだと称されることもありますが、本人にしてみれば演技をはるかに超越して演技をしていることすら忘れているほど集中しているのです。猫かぶりだといわれても、そんなことはないと否定する人が多いのはそのためです。必要なものを獲得するためにベストをつくすことは本人の能力や個性の一部になっているといえます。猫かぶりをする人には、人と接する仕事をしている人が多いような気がします。特に看護師はそうではないでしょうか。患者に優しく接することが必要とされるからです。また、厳しい看護師の世界では、猫かぶりをしないと平和に仕事ができない職場もあるかもしれません。もし猫かぶりをせず、上手くいっていない人がいるのであれば、他所の看護師の求人を探して猫かぶりデビューをしたほうが、平和に仕事できるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です